マロクリニック ドクターズファイル
愛知県岡崎市緑丘2-5-2
0564-52-0834
月曜日~金曜日
9:00~12:00 / 14:30~19:00
休診日
土・日・祝日

離乳期の食事

甘いものの与え方

砂糖× 果汁○

水分補給のために、果汁に砂糖をいれて飲ませる方がかなりいらっしゃいます。砂糖を使うのはできるだけ避け、自然な風味で与えるようにしましょう。

離乳食の味付け

できる限り薄味に

離乳食の味付けはできるだけ薄味にし、大人の感覚の味付けは避けましょう。野菜は野菜の味で、果物は果物の味で楽しむ習慣をつけましょう。

食事のリズム

ダラダラ食べない

離乳期だけでなく、すべての時期において、ダラダラ食べないことは重要です。食事もそうですが、おやつも時間を決めて食べることが大事です。

離乳食の硬さ

繊維性の食品、歯ごたえのあるもの

野菜など繊維性の食品、歯ごたえのあるものをよく噛むことで、口の中は自然に清掃され、上手に噛むこともできるようになります。軟らかいものばかり与えたり、硬い大きなものを一度に与えていると、口の動き、舌の動きが鈍くなり、口の中に食べカスがいつもあるような状況になります。このような口腔環境は、むし歯になりやすく好ましいものではありません。繊維性のあるもの、歯ごたえのあるものを離乳食に組み入れ、お子様の食生活の土台作りをしていきましょう。

哺乳ビンについて

奥歯が生えてくる頃には使わない

1歳半を過ぎ、奥歯が生えても哺乳ビンを使用していると、飲み込む機能が低下したり、唇の締まりが悪くなります。この時期を目安に、哺乳ビンを卒業するように仕向けていきましょう。

おやつ

甘いものを少なめに、時間を決めて

おやつは、一回の食事量が少ないこどもにとって、大事な栄養源です。ぜひおやつは食べさせてください。おやつを与える際のポイントは、時間を決めること、甘いものの量を制限することです。10時や3時など、時間を決めて食事の補助としてのおやつを心がけてください。